Please reload

           最新記事            

【レポート】7/17

2017/07/17   :熱帯雨林
任務    :兵器開発者であるengineerの殺害
参加人数  :約10名
敵軍情報  :ロシアMSV
結果    :負傷者が数名出るも任務達成

【経過】
熱帯雨林へ、ヘリ2台での輸送から歩兵で作戦開始

1台目が着陸後にRPGによるヘリの大破、負傷者が出るも2台目メンバーによる

救出により行動再開。

熱帯雨林を進んでいくと、開けた土地、畑があり、その周辺での交戦。
前方からの攻撃、回り込まれ後方からの攻撃により、味方数名がダウン。
一時後退を行い、医療行為後に再度進行。

指揮官による2分隊化を行い、広範囲索敵と進行を行いつつ
目標であるengineerの殺害に成功。

完了の連絡をHQに入れ、ヘリの輸送で帰還し任務完了。

【自由記入】
森林地帯で見えない敵の索敵がつらく
幸いにもBTRが攻撃してくる前に破壊できたのが良かったか。


2017/07/17  :CQB
任務    :町を占領した敵チームコマンダー数名の殺害、ZSUの破壊
参加人数  :約20名
敵軍情報  :ION PMC
結果    :数名の死者が出るが、達成

【経過】
ビルや建物が密集しているエリアでの殺害任務。
チームを4つに分け、町を区分けし索敵を行いつつ目標への接近を試みる
指揮官による移動指示、歩兵での進行、屋上からの索敵班による行動で
速やかに敵チームコマンダーの殺害に成功。

残るZSUに対して攻撃を予定であった屋上にいた班が攻撃にあう。
医療行為を行ったがZSUに対するATを紛失。
別働隊による、「Operationハラキリ」作戦を開始するも失敗となる。
攻撃予定であったAT班はHQへ戻り、各種ATを取ってくることに。


その後AT5本による集中攻撃でZSUを大破させることに成功。

【自由記入】
CQBによる近距離戦闘、いつもであれば400-500mほどの戦闘であるが
今回は100-200m程、制圧射撃等も厳しく、動けない場面もあったが指揮官による別ルートの指定など
様々な動きがあり楽しめたミッションである。

 

 

Share on Twitter
Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black LinkedIn Icon
  • Black Google+ Icon
  • Twitter Social Icon